古民家再生、古民家物件、リノベーション情報など。

建築再生工房株式会社タケウチ

対応エリア神奈川県内、特に湘南地域(鎌倉・藤沢・逗子葉山・横須賀・三浦・平塚・大磯)

「再生」に込めた思い。

古民家アイコン

神奈川県鎌倉市にある「建築再生工房株式会社タケウチ」。代表の竹内さんは元々公共事業を手がけるゼネコンの施工マンでした。そんな竹内さんがなぜ住宅、古民家という真逆の世界に向かっていったのか。その足取りを辿ってみると、施工マンならではの経験や記憶を通じて、竹内さんの「再生」への思いが浮かび上がってきます。

インタビュー

スクラップ&ビルドから「再生」へ

──
竹内さんが古民家の世界に足を踏み入れたのは、どういうきっかけがあったんですか。
竹内
僕はもともとゼネコンにいたんでね、そこで30年、大きい公共工事をやってた。僕はいわゆる施工マンだったから。
──
え、そうなんですか。
竹内
我々ゼネコンっていうのは基本的に職人じゃないから、木造住宅だったら設計屋さんの図面があれば大工さんが形にできるんだけど、木造以外の大きな建物っていうのは、設計図だけじゃ建たないんです。それをゼネコンに発注して我々が「施工図」という図面に直すんです。
──
ほー。
竹内
それを元に、躯体工事は型枠屋さんに頼んで、鉄筋屋さんには鉄筋頼んで、コンクリートを打っていく。そして仕上工事は造作大工さんやその他の職人にお願いするっていう形。だから技術者なんだけども、30年間やってきたのはマネージメント、つまり人管理でもあるんです。
──
なるほど。
竹内
それで、僕はその会社で社長になるつもりでいたんです(笑)。でもバブルの時に公共工事が全部不調になって、そこで他の会社はみんな民間のマンション建設に逃げたんです。でもその会社は公共工事で育ててもらったんだから、赤字だからって公共工事を捨てるわけにはいかないと、そういう会社だったんですよ。それでもその後時代の流れで入札制度が変わったりして、役所の工事が取れなくなっていって…
──
へぇー。
竹内
会社がそういう流れになっていく一方で、世間の流れとしては、当時はスクラップ&ビルドが当たり前だったんです。建築基準法っていうのは作った直後がMAXの法律だから、時と共に劣化する、だから木造は25~30年、鉄筋コンクリートでも40年という減価償却で決めちゃう。鉄筋コンクリートの公共工事でさえ40年くらい経つと設備が追いついていかないから、壊して、建て替えようってなるんです。そんなふうに我々は作って壊すことで成長してきた。当時からそれは税金の無駄遣いだって思ってましたけど。
──
はいはいはい。
竹内
で、壊すことでゴミがでる。なのでその後、分別解体をして産業廃棄物の量を削減して、CO2の枠組みも決まって、公共工事の建物は長寿命化していきましょうという時代になったわけね。それが今から25年くらい前に始まって、その影響で再生事業、改修工事がいっぱいあった。代わりに新築がほとんどなかったのよ。
──
はー。
竹内
以前はゼネコンは施工だけやって、作ったら作りっぱなしだったのを、そうじゃなくて、ちゃんと維持管理までしていこうねっていうのが当たり前になった。でも大きい建物というのは設計、施工、維持管理を同じところがやっちゃうとまずいんですよ。
──
それはなんでですか?
竹内
利益第一主義の人がいると、悪いことやっちゃうんじゃないかって。
──
へぇー。
竹内
だから設計屋と、ゼネコンと、お客さんの三位一体でものを作っていくんだけど、昔は設計屋が上から目線だから、「この納まりでやったら10年後に雨漏りするよ」ってこっちが言ってもデザインを優先させたりする人がいたわけね。それでも請負っていうのは「請け負け」だから…
──
ああ、なるほど(笑)。
竹内
昔は設計が悪くても設計瑕疵っていうのが無かったから、例えばそれで雨漏りしても、すべて我々請負側の責任になるわけ。
──
すごいっすね。
竹内
だからうちの会社はとにかく良いものを作りなさい、っていう会社だった。だから現場を任されると、安全管理、品質管理、工程管理、原価管理っていうことをやって、それがきちんとできる人間が優秀な施工マンですよっていう世界。
──
なるほど。
竹内
で、僕はその会社で社長になろうと思ってたんだけど、ボスのイエスマンしか出世しなくて。その社長はすごい人で80歳まで現役だったんです。でも社長が亡くなったあと、イエスマンだけが残って、時代の変化の中で会社が弱っていった時に初めて人員整理をしたんだけど、その時に僕、新しい役員たちに「独立採算でいいから再生事業部をつくってください」って言ったの。僕はその会社では自由にさせてもらってたんだけど、70年も続いてる会社だから、民間の営業がいなくなったらこれまで作った建物やお客さんたちと縁が切れちゃうから、そういうのをもう一度一軒一軒、歩いてね、見て行こうっていう話をしたんです。
──
おおー。
竹内
ちなみに「再生」っていう言葉は、その時代は良い言葉じゃなかったんですよ。
──
あ、そうなんですか。
竹内
だからみんな「リファイン」とか英語を使うわけだ。でも僕は「再生」っていうのはこれからの時代のキーワードだと思って、あえて使ったの。
──
僕ね、竹内さんの社名の「建築再生工房」っていうのに引っかかってて。「建築工房」じゃなくて「建築再生工房」なんですよね。社名に「再生」が入ってるとこってなかなか無いじゃないですか。つまりこれはそこにこだわりがあるんやろなって。
竹内
そうそう。僕は耐震改修をやりたかったんです。それでコンバージョン(用途替え)やリノベーションをして、長持ちさせる。僕はやっぱりこれだよねって、作って壊しちゃいけないよね、って思って。
──
へぇー。
竹内
でも会社は、再生事業部といっても今までそんな経験も無いから、やらないと言う。だったら僕、出ますって言って独立したんです。
──
はー。そういうことですか。
インタビュー

建物は生き物

竹内
そうやって独立して、じゃあ今から何やるってなった時に、地域に戻って建築を通じて社会貢献がしたかった。そのために絶対住宅をやろうと思ったんだけど、今までの自分の生活が朝早くて夜遅いから、家っていうものを気にしなくて、家についてはトンチンカンだったんです。
──
そういうもんなんですね。
竹内
これまで確かに建物をつくってきたんだけど、マンションとか病院とか学校とか市営住宅とか、みんな公共的な大きいもので、自分の住まいじゃないから。
──
あー。
竹内
公共工事も点数がつくから、点数を高く取って、工期に間に合って、利益を出したものが優秀だったの。だからもう住宅建築とは視点が全然違う。
──
違いますよね。
竹内
僕は独立した時に、建築を通じてこの街をなんとかしたいって思ったんです。だからまず住宅。そっから「住まい」に向かったんですよ。
──
真逆ですよねえ。
竹内
そう、だから町の棟梁とかね、そういう世界は知らなかった。でも僕は施工マンだから、職人の動きを見てれば分かるんです。
──
あー、そっか。
竹内
前の会社でも毎朝朝礼をするんだけど、僕が職人さんたちに常に言ってたのは、この建物はあなたたちのメシを食うためのものじゃないんだよって。建物は生き物なんですよって。建物が生き物になるためには、作る側の気持ち、「気」が入んないとダメなんだよって。
──
へぇー。
竹内
僕が保育所や幼稚園を作った時に最後に言うのは、僕らは心を込めてこの建物をつくりました。あとはこの子が……建物のことを「この子」って言うんだけど、この子が良く育つかどうかは、施主の使い方で変わりますと。ただ、維持管理をしても病気をするんだけど、僕は建物のお医者さんだから、その時は電話してくれたらすぐ直しに来ますよって。
──
すごいなー。
竹内
何十人、何百人の職人を統括管理するのが僕らの仕事だったから、住宅とは全然違った世界だったけど。
──
いや、公共レベルの巨大建築物にも「この子」っていう感覚を持てるのがすごいですよね。住宅だったら分かりますけど。
竹内
「ハコモノ」っていう言い方には反発しましたね。自分たちのメシの食いぶちに作られたものは「気」が入ってないから寂しいですよ。だから管理側としては、みんなが一つの目的意識を持ってもらうようにする。昔の家づくりは大工の棟梁がひとつの建物を作ってたから良かったんですけど、今は大工さん、ボード屋さん、板金屋さんと分業が多くなって、設備だとかいろんな付加価値がついてくるから、今の棟梁は一人じゃできないんですよ。
──
あー。
竹内
僕は仕事で依頼があったとして、それが大工さんのできることだったら大工さんを紹介するの。大工さんと直接やってくれたら経費かかんなくていいですよって。
──
ああー、そうなんですか。
竹内
でもリノベーションしたいとか、この建物をこうしていきたいってなった時に、そこにはまとめる人間が必要だから我々が入っていく。
──
へぇー。
竹内
それが古民家になると、最初の頃は全然感覚が合わなかった。でも僕が最初独立した時に掲げたのは「住宅を住み継げる文化にしよう」ってことだったんです。これまでやってきた公共事業のスクラップ&ビルドじゃなくて、住まいなんだから。
──
古民家に至ったのはそういう流れだったんですねぇ。
インタビュー

腹をくくれる者にしかできない

竹内
これまで僕は、「住まい」というものに関わってなかった。ただ拠点になって寝る場所があればいいと思ってた。住まいが家族の基盤だなんてことは、ここ10年でやっと心から分かったことなんだから。
──
はあー。
竹内
自分の孫の顔を見た時に、そう思った。自分の子供が生まれた時には解んなかった。
──
ああ…それは、そういうものなのかもしれない。
竹内
もし自分があのままゼネコンで社長になってたら、60になっても70になっても、地域とか家族とかいう感覚になれなかったと思う。僕はその時52で、ゼロから出発したんです。それで独立にあたって、建売の仕事は一切しないと決めた。それがどういうものなのか分かってるから。そうじゃなくて、とにかくいい仕事をしていきたい。そう思って模索していた時に、現在の全国古民家再生協会の創設者と出会ったんです。
──
なるほど。
竹内
協会と自分の理念が一致したのは、「住み続けることができる家」っていう点なんだけど、昔は古民家なんか商売にならないって思ってたし、僕なんかゼネコンにいて独立するっていう時に「竹内さん次何やるの」って聞かれて、住宅だよって答えるんだけど、それが古民家の話になった時に、みんな俺のことバカにするんだよ。
──
ああー。
竹内
古いものに価値をつける仕事なんてあり得なかったわけだよ。だから、あいつ道楽でやってんじゃないの? って…
──
そっかー。
竹内
だから当時の仲間たちには古民家の話はできなかったね。いっぱい話したいことあったんだけど。でも、興味がない人にどう喋っても響かないからね。
──
はい。
竹内
お客さんも同じで、たとえばこちらがいい家だと思ってても、十人いたら十人とも感覚が違うんです。だから我々のところに住宅性能表示を求めるお客さんは来ない。
──
そうなんですね。
竹内
お客さんの層っていうのは、富裕層か、反対に下の層が商売として成立しやすいんです。たとえば下の層にはマンションにしても建売にしても、みんなが買いやすいそこそこの値段に設定されてて、それが一番売れる。でも我々の古民家を選ぶ平均的なお客さんの層っていうのは、真ん中か、それより上なんです。
──
あー、そうですよね。
竹内
でも僕の感覚だけど、そういう層はみんなハウスメーカーに行っちゃう。で、坪100万以上が当たり前。
──
すごいですよねー。
竹内
あっちはネームバリュー、ブランド力、信頼感とかいう世界だから。でも中にはそこに行かない人もいて、そういう人が古民家を選んだりする。つまりものすごくニッチで、大変なんです。だからこそ、多くの人に知ってもらうことが大切になってくる。
──
まだまだ世間はそういう状況なんですね。
竹内
当時は「古民家」って言っても誰も相手してくれなかったけど、建物を見た目で判断しちゃダメですよ。人間だって年齢で判断しちゃダメでしょ。建設業は労働条件が厳しくて年齢制限されるんです。高所作業なんかは特に。
──
そうなんや。
竹内
町場(住宅建設現場)の大工や鳶は70歳でも叩くよ。でも労働安全衛生法っていうのがあるから。野丁場(大規模な工事現場)から町場やった時に、木造の足場を組んだ時に、これじゃまずいよなって思うもんね。法律守れてないし、もしこの状態で誰かが落ちちゃったらもうバンザイだよ。
──
へぇー。
竹内
でも「ケガと弁当は手前持ちだ」っていう文化だから、安全基準にしてもビシッとしとかないといけない。だから町場に行って足場とか仮設を見た時に、大手か中小かすぐ分かる。
──
え、そうなんですか。すごい。
竹内
それでね、そういう世界にいた自分が、古民家に出会って気付いたのは、自分が勉強してきたのは共通仕様書だったということです。建築基準法というのは、施工するにも設計するにも共通の仕様書がある。その通りに設計・施工したものは、もし何か事故があっても、瑕疵が無いかぎりそれは「想定外」で終わっちゃうんです。
──
はあー。
竹内
だからとにかく基準通りにやっていればいい。でも古民家は、当初やり始めた頃は何の基準も法律もなかったんですよ。
──
はい。
竹内
だから、古民家はまず大手はできない。その真髄を理解した零細にしかできない。そして零細の中でも、腹くくれる者しかできない。
──
仰る通りですよね。
竹内
だから儲かるとかいう話にはならない。じゃあなんでお前やるの? って聞かれたら、自分が立ち上げた「建築再生工房株式会社タケウチ」っていう設計施工の会社の、その思いを表現するためにやってるんです。
──
ああ。
竹内
それに古民家をやることで、その経験が新築にもフィードバックできる。そうすると他の工務店さんとはものづくりの観点や方法が変わってくるんです。まだ若い会社だけど、そこがうちの強みです。
──
なるほどー。
インタビュー

いいものを作ろう

竹内
古民家を勉強していくと、自然乾燥材とか色々いいものを知って、選べるようになる。うちが設計施工すると、自然乾燥材で、真壁併用で、漆喰で、ってなると大体坪90~95万円なんですよ。
──
大手さんと同じくらいですね。
竹内
お客さん、来るわけないでしょ。
──
(笑)そんなことないですよ。
竹内
だってネームバリューも信用も無いし。たとえば坪40万円でこの仕様ですよ、って宣伝すると来ますよ。一般的な工務店が坪50~60万円でしょ。でも50~60万円っていうのは、原価率とか考えた時に、原価40万円ベースくらいじゃないとできない。そしたら、その家がどういうレベルのものか僕らは分かっちゃうじゃん。
──
ああー。
竹内
でも一般のお客さんはそういうところは考えずに、単純な価格と見た目で判断するから。10年後の違いなんかその時は分かんないからね。
──
そうですね。
竹内
うちのつくる家はそういう家よりは坪単価が高い。でもたとえば予算が2000万円だったら、竹内さん、1980万円の家しか買えないでしょって言うんだけど、僕はそんなことないよって言うんだよ。2000万円だったら、2000万円の建売を買うんじゃなくて、2000万円で作れる範囲の家を作ってもらえばいいじゃんって。
──
はいはい。
竹内
僕がいたゼネコンの世界っていうのは、建物は成果品なんです。成果品として納品するのが当たり前。でも住宅って、DIYでもいいんです。2000万円で大事なところだけちゃんと作って、あとは自分たちでやっていけばいい。それが住まい手の物語のスタートですよ。
──
ですね。僕もそんな感じです。
竹内
たとえば自然乾燥材、お客さんは木造だったら木はみんな一緒だと思ってる。人工乾燥材とか、芯持ちとか辺材とかも知らない。二階建ての住宅だったらJAS規格のものを使ってれば、30年保てば詐欺じゃないんだから、それ以上のものというのは、ビジネスとして考えたらまず作る意味がない。
──
うんうん。
竹内
でも僕は50過ぎて始めた商売だから、儲かる儲からないじゃなくて、「いいものを作ろう」っていう「コト」のステータスが重要なんです。もちろん安定経営も目指してますけど。
──
あー。
竹内
だって僕が死んだ後でね、孫に「じいちゃんはお金持ってたけどなんか悪いことやってたみたいだよ」って言われるより、「じいちゃんお金なかったけど、いいことたくさんやってたね」って言われた方がいいに決まってるんだよ。
──
そうですね(笑)。
竹内
僕のじいさんがそうだったんです。柔道で千葉の名誉県民になった人なんだけど、接骨院やってて、昼間にたくさん患者さんを診たあと、接骨院に来れなかったお金のない人にさ、夜スクーター乗ってさ、往診に行くわけ。
──
へぇー。
竹内
それでお金が無いって言われて、いいんだよって。代わりに野菜もらったりして。僕がそれを知ったのはね、じいちゃんは僕が小学校の時に亡くなったんだけど、自宅で葬儀した時に、花輪がブワーッて並んでさ。
──
ああー。
竹内
次々来る弔問客に親族が対応するんだけど、終わった後にさ、来てくれた人たちが誰だかみんな知らないんだよ。でもみんな口々に「じいさんにはお世話になった」って。
──
へぇー。
竹内
そういうの見てて、当時小学生だったけど、そういうもんかって思ったんだよ。
インタビュー

学んだことを伝えたい

──
ゼネコンの世界から住宅、古民家の世界へと転身されたわけですけど、竹内さんならではの視点ってありますか。
竹内
コンクリートも木造も知ってるから、建築の全体の縮図ってのは分かるんですよ。コンクリートの品質問題も知ってるし。住宅のコンクリートって何もしなければ30年もたないんだよ。
──
えっ、そうなんですか。
竹内
だからその基礎の上に50年100年もつものを乗せても意味ないんだよ。
──
へぇーっ。
竹内
今は品質も含めて色々進化してるから、炭素シートとかいろんなことをやってコンクリートの劣化を補強できるんです。でも本来は石場建てが一番理にかなってる。何百年ももつから。そういうことが分かってくるんだけど、じゃあこれは違うよねって言っても、法律でコンクリート基礎が決められてるから、従わなきゃいけない。
──
あー。
竹内
だから、条例をつくって規制緩和をしていこうっていうのが、我々全国古民家再生協会なんだよ。
──
なるほどー。
竹内
法律に何も守られてない、違法扱いだったとしても、いいものはいいんだよ。法隆寺が1400年でしょ。普通の古民家でも100年200年経ってるでしょ。でも今の建築基準法で作られた家が50年後に古民家になるかっていったら、ならないですよ。
──
そうですね。
竹内
今あるものは歴史に学んでるんですよ。地震にも別に弱くない。マスメディアが古い瓦屋根の家が潰れてる絵を報道して、ほらやっぱり弱い、って思われるんだけど、その家が倒壊した原因はいっぱいあるわけだよ。でもそこは報道しない。
──
そうそうそう。
竹内
だから我々が、そういうところを一つずつお客さんに教えていくことが大事でね。それは儲かる儲からないじゃないんだよ。本当のことだから伝えたいんだ。そういうことをやってる方がワクワクするし。いいことしてるっていう感じは何か自分も豊かになるよね。
──
うんうん。
竹内
だから再生協会のメンバーが全国から集まるとさ、景気がどうだとかそういう話はしないからね。夢の話しかしないもん。
──
ああー…いいですねぇ。
竹内
僕らは古民家を通じていろんなことを学ぶんです。僕、歴史なんて嫌いだった。これから先のことしか興味なかった。でも過去を見るってことは、ここから先に進むためには絶対に大事なんだって、古民家をやってるうちに分かってきたんだよ。
──
へぇー。
竹内
知らないより、知ってた方がいいじゃん。建築基準法の在来工法だけしか知らないより、伝統構法の良さも知ってた方がいい。知らないと否定しちゃったりするんだけど、知らない人たちに悪意があるわけじゃない。そこが怖い。
──
そうですよね。悪意がないというのが一番やっかいだと思います。
竹内
それを業者にしろお客さんにしろ、一人でも多くの人に知ってもらって、考えてもらいたいですよね。昔はデザイン住宅が流行り、今は住宅の性能表示が流行ってるけど、たとえばそこに住む子供たちにはそんなこと関係ない。古いけど広い家の方が走り回れたりする。
──
はいはい。
竹内
うちは五感で感じる家をつくるって言ってるから、子供をそういうところで育てたいっていう人が来てくれるんです。リノベーションだったら古家を一緒に見に行って、最終的に見つかったところを再生するんだけど、そんなふうに住宅性能表示なんか関係なく、自分たちがいいって思えた家に住みたいっていう感性の人たちが増えてくれればいいなって。
──
僕もほんとそう思いますね。
インタビュー

住み継げる家

竹内
住み継げる家をつくりたいなら、うちは選択肢を色々提案できます。でもとにかく性能が大事で、耐震等級3の家がいいという人は、うちでも別に出来なくはないけど、それならハウスメーカーさんに行かれた方がいい。
──
はい。
竹内
坪80万円かかる仕様なんだけどお客さんが50~60万円しか予算がない、でもいいお客さんとは一期一会だからっていうことで、昔はこっちが手金を出してね、やらせてもらいますって言ったりしたんだけど、信じてくれないんですよ。この木はすごいんですよとか言ってもさ。
──
はあー。
竹内
お客さんもそんな坪80万の仕様でほんとに作ってくれるなんて思ってないよ。でも条件として、うちみたいな会社はなかなかモデルハウスを持てないから、ここを今後モデルハウスとして使わせてくださいってお願いするんだよ。誰か見たいっていうお客さんがいたら、見せてあげてくださいって。
──
ああ。それはいいですね。
竹内
そうすると、次のお客さんにとっては実際の住人のいろんな話が聞けるわけ。チラシやホームページには載らない生の声。いいところも悪いところも全部喋ってくれるからね(笑)。
──
素晴らしい晒しっぷりですね(笑)。
竹内
でもそうして半年、一年も経つと言ってくれるんですよ。竹内さんの言ってたこと、嘘じゃないねって。竹内さんの家は坪100万でも高くないよねって。
──
おおー。
竹内
だからこれからは、うちの家は坪80万円以上じゃないと作れないって言ってしまっても、それでもその意味と価値を分かってくれるお客さんが増えてくれるようにしていきたい。そんな家づくりは古民家が教えてくれたものだから、それをコツコツと伝えてきたいですよ。
──
そうやなあ。
竹内
ビジネスだけ考えて割り切れば、不動産屋さんの建売やってますよ。でももう62歳だから、地域のためになって、次に繋げられる、住み継げる家をやりたいんです。
──
やっぱり竹内さんの場合、ゼネコンという過去があったから、思いっきり反動でこっち側に振れることができたんだなと思いますよ。
竹内
そうだと思う。事業って、儲けるための事業が普通だと思うけど、今はもう世のため、人のため、地域のために「やるべき事業」をやりたい。
──
いやあ、一番最初の「なぜ古民家なのか?」っていう質問ですけど、その理由がよーくわかりました。

おわり

施工例

建築再生工房株式会社タケウチ

代表者 竹内 章悟(たけうち しょうご)
資本金 1,000万円
事業内容 建築物の設計監理、施工、再生及び維持管理
古民家の診断、再生、活用、鑑定、提案及び企画
空家の活用提案
補助金等の申請
床下インスペクション
伝統耐震診断
従業員数 3名
会社住所 〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越3-14-5
TEL 0467-32-7038
FAX 0467-32-7019
設立 2010年6月
建設業許可 神奈川県知事(般―27)第76886号
加盟団体 全国古民家再生協会
住宅リフォーム事業者団体登録登録番号【13】
神奈川県建築士事務所協会鎌倉支部
住宅保証機構㈱ まもりすまい保険 リフォーム瑕疵保険
公式サイト https://kamakuratakeuchi.com
建築再生工房株式会社タケウチへのお問い合わせはこちら

古民家再生、新築、リフォームなど、何でもお気軽にご相談ください。

お名前
ご住所
メール
電話
内容

※情報はSSLによって暗号化され、安全に通信されます。

pagetop