古民家再生、古民家物件、リノベーション情報など。

プロに聞いてみた
エリア:関東

関東

神奈川

建築再生工房株式会社タケウチ

神奈川県鎌倉市にある「建築再生工房株式会社タケウチ」。代表の竹内さんは元々公共事業を手がけるゼネコンの施工マンでした。そんな竹内さんがなぜ住宅、古民家という真逆の世界に向かっていったのか。その足取りを辿ってみると、施工マンならではの経験や記憶を通じて、竹内さんの「再生」への思いが浮かび上がってきます。
【内容】
スクラップ&ビルドから「再生」へ / 建物は生き物 / 腹をくくれるやつしかできない / いいものを作ろう / 学んだことを伝えたい / 住み継げる家

関東

千葉

大五郎建設有限会社

大五郎建設有限会社

千葉県南房総市の大五郎建設。代表の石井正明さんは代々続く宮大工の9代目棟梁です。その途方もない歴史を背負い、現代の日本で伝統的な住宅を作り続けるためには、並々ならぬ創意工夫が必要でした。今回は石井さんとそのご子息である良次さんのお二人に、文化と技術、そして歴史を継いでいくことについて話して頂きました。
【内容】
空気の話 / 200万円の価値 / 25年かけた断熱工法 / 「継いでくれ」はなかった / 継承の難しさ / 共同作業でつくる家

関東

神奈川

くらす株式会社

湘南にて”コーポラティブハウス”という住み方を提案する、くらす株式会社代表の福田さん。「暮らす湘南」というサイトを立ち上げ、新しい住まいづくりを考え続けてきました。不動産業界が今どのような状況にあるのか。そしてコーポラティブハウスの未来とは。福田さんの現在進行形の思いを語って頂きました。
【内容】
東京から湘南へ / 土地をシェアする暮らし / 震災とコミュニティ / 女性のデュアルライフ / 鎌倉山の古民家プロジェクト / 不動産業界の過渡期 / 暮らしを売る

関東

群馬

スタジオ・ボーダー

絵を描くことが好きで、気付けば建築士になっていたという群馬県のスタジオ・ボーダー代表田島さん。そんな田島さんならではの目線で見た古民家という存在、そして日本の住宅の現状。ご自身の紆余曲折の経歴から辿り着いた「デザイナー」としての立場や役割について、たくさん語って頂きました。
【内容】
産業になってしまった家づくり / みんな不思議に思わない / 消費者と営業マン / 営業が不得意 / デザイナーの地位 / 学生時代から独立まで / デザインよりヒアリング / 僕らは建築士

関東

東京

一般社団法人伝統構法耐震評価機構

古民家は現代の家と違った建てられ方をしているため、地震に耐える方法が違います。古民家を現代の耐震診断ではかると0点になりますが、だからといって古民家が地震にものすごく弱い、ということではありません。その理論を学ばれた伝統構法耐震評価機構の杉本さんに、古民家の耐震についてあれこれ聞いてみました。
【内容】
出会いのきっかけ / 古民家の性質を「みえる化」する / 白黒つけなくてもいい / 理論で基準を作ってあげる / 伝統構法のまま直すために / いずれ常識になる / 日本人の「コト」

pagetop