古民家再生、古民家物件、リノベーション情報など。

古民家リノベーション体験談43 古民家再生と住宅ローン

【前回までのあらすじ】古民家再生におけるローンについて書こうとしたところ、まさかの精神論を語ってしまうといういつも通りの失態を犯してしまった筆者だったが…?


さて精神論は置いておいて、ローンの借り方なんですが。
あ、借り方つっても皆さんあれですよ、僕が書く記事に利率がどうとか賢い資産形成だとか「今こそ変動で借りる!! 本当に賢い住宅ローン2019最新版」みたいな内容を期待しちゃダメですよ。
僕、2000万って言われても相変わらず口半開きですから。
脳が2000万と2000円の区別あんまりついてないですから。
そんな僕がお伝えしたいのは、古民家再生におけるローンの借り方というお話です。

まず僕の場合ですが、土地の購入はうちの嫁が十数年爪に火を灯すようにコツコツ貯め続けた貯金+数年前に訪れたバブル期のあぶく銭+足りない分の親ローン(恥)でどうにかしました。
なのでローンは純粋に上物のみが対象となったわけですが、上物も古民家再生ではなく、あくまで新築部分の離れが対象で、離れを「独立した新築家屋」とすることで住宅ローンを借りることができたわけです。
ちなみにこの辺のことはブログに詳しく書くとアレなので、興味ある方は裏話の方でご確認ください。
それでは、そういうパターンじゃない人はどうすればいいのか。
土地の購入を含めた住宅ローンを組もうとする場合、担保としての「土地+建物」の評価が重要になってくるわけですが、いかんせん古民家は銀行的には「どうしようもないボロ家」としか見てもらえず、完璧に再生したとしても「リフォームしたどうしようもないボロ家」としか見てもらえないため、担保としての評価はされにくいのが現状です。
ということは、1000万円が土地取得に、1500万円が古民家再生に必要だから、2500万円貸してくれって言っても、銀行は土地の1000万円しか評価しないため、満額の融資は受けられないということになります。
まいっちんぐ。

で、わたくし、古民家再生をやってらっしゃる工務店の社長さんたち複数人に聞いてきました。
いきなり結論ですが、「そういう判断は銀行による」とのことです。
なるほど。
銀行によって、古民家再生いいですね! と言ってくれるのか、は? ボロ家を直すから金貸せだぁ? と言われるのか、判断が異なるということです。
さらに追加情報として「JAが少し前から古民家を評価してくれるようになった」との情報も得ることができました。
確かにJAさんはそういう雰囲気あります。
ただ同時に「ウチではそういう話は聞いたことないなあ」というご意見も頂きました。
なので地域によるのかも知れません。

一つ皆さんが共通で仰ってたことは、大手さんは厳しいんじゃないか、ということです。
僕も大手銀行にローンの相談に行った時、すごいにこやかな担当の方がうちの決算報告書をパラパラめくってるうちにスーッと笑顔が消えていったことを思い出します。
まあそれは僕が悪いんですけど。
じゃあどこを当たれば良いのか?
ということですが、これは銀行を回るより先に、工務店さん、設計事務所さんを頼ればよいと思います。

「え? まだ物件買ってないんですけど?」
とお思いの方。
あのですね、ここで僕ははっきり言っておきたいんですが、古民家再生においては、物件よりもまず、工務店・設計事務所探しから入った方がいいんですよ。

理由その1。
古民家の選び方、買い方、ローンの組み方、めっちゃ教えてくれるから。
理由その2。
買おうとしてる古民家の状態、めっちゃ見てくれるから。
理由その3。
いくら借りればいいか分かるから。

という。
こう書いてみれば、そりゃそうだと思いませんか?
「工務店・設計事務所インタビュー」コンテンツで輪和建設の中西さんも仰ってますが、工務店のドアを叩いてもね、べつに取って食われるわけじゃないんですよ。
わかりますよ。
僕も最初はビビってましたよ。
「工務店」「設計事務所」なんて今までの人生でまったく接点がないじゃないですか。
そういう接点が無いところに電話をかける時の心のハードルって、たとえば駐日英国大使館とかテコンドーの道場とかに電話するのと同じレベルじゃないですか。
緊張して当然だと思います。
しかも地元の工務店さんの看板って縦書きの毛筆体じゃないですか。
しかも事務所の窓からおそるおそる中を覗いてみたら、入口に木彫りの熊とか掛け軸とか飾ってて、蛍光灯の青白い光に革張りのソファが照らされてて、あ、これ誰か監禁されてるわ、みたいな雰囲気じゃないですか。
うちの工務店の話ですけど。
だから心のハードルが高いのは分かるんですが、実際お会いしてお話してみたら、一般的なおっちゃんですから。当たり前ですけどね。
さらに、見た目や物腰は一般的なおっちゃんでも、もちろん普通のおっちゃんではありません。古民家再生のプロです。
なので、ちゃんとした古民家再生をやってるところが先に見つかれば、ローンにしても再生工事にしても相談できるし、物件も見てもらえるので、いいことばかりなんだよ~っていうお話でした。

おわり。

「古民家で住宅ローンって組めるの?」に対するきわどいアンサー。
会員さん限定「古民家リノベーション体験談43 古民家再生と住宅ローン」の裏話はこちら

pagetop