古民家再生、古民家物件、リノベーション情報など。

プロに聞いてみた
エリア:九州

九州

長崎

福田工務店

長崎県北松浦郡、福田工務店の福田さんは代々大工の家系に生まれました。もちろん実家は古民家。幼い頃から木に親しみ、内弟子さんたちに囲まれ、「古民家に育てられたようなもの」と仰います。そんな福田さんは今、全国古民家再生協会の支部長として、地域の古民家と大工の伝統技術を守るため、日々奔走されています。
【内容】
總社神社の再生工事 / 今のこだわりと5年先のこだわりは違う / 兄ちゃんがいっぱいいる / 本当に潰さないといけないのか / 仕口と継ぎ手をよく見ろ

九州

鹿児島

有限会社 西建設

有限会社 西建設

鹿児島県鹿児島市の西建築代表、西さん。一級建築士として、地域の工務店として、また古民家の相談窓口役として今切実に考えるのが空き家問題。その解決のためにはとにかく「住教育」が大切だという信念を持ち、西さんは古民家に隠されたストーリーを丁寧に拾い上げ、古民家のこと、その家の歴史を住人の方々に伝えていきます。
【内容】
勉強しなくていいから家を手伝え / 「縁起でもない話」をしていくべき / 建築も土木もできる / チームプレイの古民家再生

九州

宮崎

株式会社与組

株式会社与組

宮崎県日向市、株式会社与組代表の坂口さんは自宅用に古民家を購入し、数年かけてリノベ中。現在茅葺き古民家の移築事業などに意欲的に取り組む坂口さんですが、最初から古民家に出会っていたわけではありませんでした。自然の中で育ち、様々な世界を経験し、やがて辿り着いた答え。そんな坂口さんの物語をご紹介します。
【内容】
田舎暮らしの快適さ / 70年前の大工さんの悔しさ / ホテルに泊まると喉が痛くなる / 木造建築は一括りにしてはいけない / 茅葺き古民家の移築プロジェクト / 古民家に出会うまでのこと

九州

福岡

株式会社やまぐち建設

福岡県鞍手郡にあるやまぐち建設代表の山口さんは、昔ながらの技で古民家を直せる本物の大工さんです。木に詳しい大工職人でありながら「お客さんに寄り添いたい」と繰り返す、職人の頑固さや気難しさとは正反対の山口さん。無垢材の話、これまでの半生、古民家の直し方など、多岐にわたってその思いを語って頂きました。
【内容】
何か違うと思った / 独立の苦労 / 古民家を古民家らしく / ずっと勉強 / 無垢材の扱い方 / 全然違う家の寿命 / 家は人間の「巣」

九州

福岡

イエノコト株式会社

イエノコト株式会社の代表であり、一般社団法人全国古民家再生協会の副理事長、一般社団法人住教育推進機構の九州地区長など数々の肩書きを持つ淀川さん。お話を聞いているうちに立ち上がってきたのは、「家のことを知ってもらい、その人にとって一番いい暮らしを見つけてほしい」という教育者の姿でした。
【内容】
「暮らし」目線で見る家 / プロと素人との距離 / 自分の意見を言ってほしい / 定位置、定量、捨てること / 家と人との距離は近くなる / 女性目線の住教育 / 「家」を売っていない

九州

福岡

井上建築

「僕にとっては当たり前のこと」とご本人は言いますが、今の世の中、それがどれほど難しいことか。福岡県八女市、井上建築代表の井上さんは、想像以上に筋金入りの大工さんでした。現場が好き、お話が苦手という井上さんに無理にお願いしたインタビュー。貴重です。
【内容】
プレカットはやらない / 修業時代は苦にならなかった / 日本の大工職人として / 「手刻み」は高くない / 3年間仕事がなかった / 「木」は「気」 / 継承していく職人技術

九州

熊本

銀杏開発株式会社

銀杏開発

熊本県熊本市。銀杏開発株式会社代表の村田さんは「家づくりにおいて、どちらかは善、どちらかは悪ということはない」と話します。様々な価値観を持った人がいるように、様々な家があっていい。その結論に至った過程を語っていただきました。
【内容】
不動産価値を守るために / 東京から熊本へ / 「寒くてもいい」人もいる / 住宅地に事務所を作った理由 / 医療業界、住宅業界の偏り / この家は壊れてしまってもいいかもしれない

pagetop