古民家再生、古民家物件、リノベーション情報など。

プロに聞いてみた
エリア:中部

中部

富山

株式会社笹川建築

株式会社笹川建築

富山県射水市にある笹川建築は腕利きの大工が集まる大工集団です。その代表、笹川さんにお話頂いたのは、大工たちをまとめる二代目としての気概と、「木」というものの丁寧な解説です。これから家を触ろうとする人たちはもちろん、大工さんを目指す人たちにも読んでもらいたい、大工と家と木の、そして人間の「心」の話です。
【内容】
富山の古民家 / 仕事にウソはつけない / 棟梁が求められるもの / 手刻みとプレカットの違い / 自然乾燥材と人工乾燥材 / クレーマーと大工 / 手入れされずに荒れる山 / みんなが集まる「いっぽく場」

中部

三重

株式会社 アート・宙(そら)

三重県四日市市にある株式会社アート・宙(そら)。代表の石田さんは「うちにはNOはありません」と話します。そんなことを言ってしまえるのは、設計事務所、大手ハウスメーカーを経て独立された石田さんの、知識と経験に裏打ちされた実力があればこそ。古材を使った再築も意欲的に行う石田さんのポリシーを語って頂きました。
【内容】
ヒノキの香りのモデルハウス / 熊野の木を使う / 和とモダン / 20年の営業職からの独立 / NOのない家 / ハウスメーカーの話 / 何でもできる

中部

三重

有限会社 山路工務店・結設計室

三重県多気郡、有限会社山路工務店の四代目である小林さんは、その穏やかな物腰からは想像もつかないほど筋金入りの精神を持ち、実際に行動する人でした。古民家に住み、田んぼで米を育て、土鍋でご飯を炊く。ほんの数十年前は当たり前だった「自然のサイクル」の中で生きることを、もう一度私たちに思い出せてくれるお話です。
【内容】
四代目の継承 / 築五年の自宅を売却 / 古民家暮らしのかたち / 機械のいらない生活 / 人に見せて欲しい / 昆虫が戻ってくる田んぼ / 最後の工事の話

中部

静岡

WAKURASU 株式会社富田工務店

静岡県島田市にあるWAKURASU・富田工務店代表の富田さんは、古民家再生はもちろん古民家探しからお客さんをサポートします。そのざっくばらんなお人柄から語られる古民家という選択肢には、技術屋としての理論に裏打ちされた理屈がはっきりと見えます。イメージではなく理屈で古民家を選んだプロの言葉、ぜひご一読を。
【内容】
自分でつくったキッチン / 縁側の記憶 / 技術屋の理屈がある / 「黒壁の家」の意義 / 村に誇りを持ってほしい / 住宅性能表示への疑問 / 間違った道は行ってない

中部

三重

トータルアシストプラン株式会社

三重県四日市市にあるトータルアシストプラン株式会社が得意とするのは数寄屋造り。勉強嫌いの子供だったという代表の堤さんは、まるで大きな力で呼び寄せられたかのように、自然と数寄屋へ繋がる道のりを歩んできました。幼少体験からモダニズムのデザインまで幅広いお話の中、その芯に根ざすのは技術職としての矜恃です。
【内容】
自分の家を設計できる設計士 / 設計事務所と工務店 / 数寄屋には「型」がある / 貴族文化とモダニズム / 三重県の古民家 / 五人家族で十五坪 / 導かれた出会い

中部

愛知

株式会社 戸田工務店

株式会社 戸田工務店

愛知県新城市、豊橋市、豊川市にそれぞれオフィスを構える戸田工務店。今回は社長の戸田桂一郎さんと、会長である戸田由信さんのお二方にお話を伺いました。全国の古民家再生事業が抱える問題を通じて見えてくる、知られざる日本の住宅史と現状。ぜひ最後まで読んでもらいたいインタビューです。
【内容】
工務店も大工も知らない / 日本のコンプレックス / 作り手の「良心」の在りか / 人間の手足に触れてきたもの / 業者側の倫理 / 継いでいける世代の使命

中部

岐阜

愛知

株式会社 空間建築工房

株式会社 空間建築工房

岐阜県大垣市の空間建築工房。代表の吉田雅一さんは現場が好きな建築士であり、奥様の良子さんはご実家が家具屋さんでインテリアのプロ。それぞれの視点、それぞれの経験、そしてお二人のタッグから生まれたエピソードをたくさんお伺いしました。
【内容】
瓦と合戦の街 / 潰さなくても良かった家 / 都市計画から住宅の現場へ / 建築とインテリアの間にある溝 / 「古い家」への感覚のずれ / 古民家の「素材力」 / 繊維の世界から

中部

愛知

水嶋建設株式会社

水嶋建設株式会社

愛知県豊田市。生まれも育ちも豊田という水嶋建設株式会社代表の水嶋さんに、材料のこと、地震のこと、健康と断熱のことなど、古民家にまつわるたくさんの大切なことを教えていただきました。
【内容】
古民家は文化の集大成 / 布団をかぶって寝るのが一番気持ちいい / 地震についての考え方 / 健康になってほしい

pagetop